鹿児島名物 氷しろくま・白くま(アイス 天文館むじゃき)

鹿児島名物 氷しろくま・白くま(アイス 天文館むじゃき)

鹿児島を中心に、夏の風物詩として知られている氷しろくま。

天文館むじゃきの創業当時から愛されている一品で、自家製ミルクと蜜をたっぷりかけフルーツと十六寸豆を盛り付けた独特の味です。

当店自慢!一番人気の代表的白熊。自家製のミルクと蜜、たくさんのフルーツが織り成すフレッシュな口当たり…。

また食べたくなるおいしさです。

天文館むじゃきの白熊

  • 大きさ
  • 現在、天文館むじゃきで食べられる白熊は、直径約15センチ、高さは17~18センチで、大の大人でも全部食べきるのは至難の業です。シーズンオフには、小さめのベビー白熊をお出ししていますので、ご安心ください。

  • さっぱりとした秘伝の自家製ミルク&蜜と、ふわっとした雪のような氷がほどよく絡み合い、口の中に入れた瞬間に融けてなくなるほど柔らかな口触りです。また、トッピングしたフルーツや豆類がほどよいアクセントとなり、さらにおいしさを引き立てています。

白熊の歴史

戦後間もない昭和22年、弊社創始者の久保武によって考案されました。当時は、白蜜・赤蜜をかけたみぞれ、蜜かけのようなシンプルなかき氷でした。

イチゴにミルクをかけてみるとおいしかった事にヒントを得て氷に練乳をかけ、それでは甘すぎるので改良を重ね、独特のさっぱりとしたミルクに仕上げました。

また、彩りを加えるために、洋菓子の感覚で中にさいころ形の果物・十六寸(トロクスン)豆を入れ、外側にアンゼリカ・チェリー・レーズンをトッピングし、 現在の「白熊(白くま)」のベースとなりました。

上から見ると、チェリー・アンゼリカ・干しぶどうの配置が動物の白熊の表情に似ていることからその名前が付きました。

購入・詳細はこちら

Copyright© おすすめ!アイス・シャーベットの口コミ&おとりよせ通販 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.